安心の基礎構造

安心の基礎構造 安心の基礎構造

地盤調査と建物検査により、
安心の土台を築きます

 

建物の重量を全体で支える
鉄筋コンクリートベタ基礎

鉄筋を建物下の地盤全体に配筋し、そこに底盤厚150mm分のコンクリートを流し込む基礎工法。地震や台風等の衝撃を効果的に地盤へ逃がすとともに、地面を鉄筋コンクリートで覆っているので、防蟻対策としても有効です。

鉄筋コンクリートベタ基礎

床下の湿気を換気する
基礎パッキン工法

基礎と土台の間にパッキンを取り付けることで、従来工法の1.5~2倍の換気性能を発揮し、湿気のこもりやすいコーナー部分もしっかりと換気。基礎部分の強度を損なわない工法であるとともに、土台が基礎コンクリートと接触していないため、土台の耐久性も向上します。

基礎パッキン工法

剛床構造や耐力壁が
確かな耐震性を発揮

厚さ24mmの構造用合板を用いた剛床構造で、水平剛性がアップ。さらに、構造用合板の耐力壁をバランス良く配置し、剛性と耐震性に優れた住まいを実現しております。

剛床構造や耐力壁

基礎と構造を緊結
構造接合金物

柱と梁、筋違が交差する部分は、羽子板ボルトや筋違金物等、各種金物で固定。基礎と構造体はアンカーボルトやホールダウン金物で強固に接合し、台風時の強風や地震の揺れ等、横からの力による建物の浮き上がりを防止します。

構造接合金物
「ユーセイの家」モデルハウス見学会開催中!

ご希望のモデルハウスをご見学いただけます。ユーセイが実際に建築した実際の家。インテリアコーディネートの参考にもどうぞ。

相談は無料です!お気軽にご連絡ください。