頼りになる「ご近所さん」
でありたい。
建設部 設計課 松原 安孝

自宅近くのスーパーで買物をしていたとき、遠くからこっちを睨んでいるかのように見える人がいた。
怖いなと思い、目を合わさないようにしていると、なんとこっちに向かってくるではないか!
あ〜ヤバいヤバい・・・と思っていたら、
大声で「松原さーん!!」と、私の名を呼び、思い切り手を振って駆け寄ってきた。
私が、お住まいの設計をさせていただいたお客様だった。

この時は驚いたが、実は、こういう場面はよくある。
車を買いに行ったら、担当の営業マンがお客様だったり。
子どもの幼稚園が同じで、ママ友が私のことを知っていたり。
裕成は地元中心に物件を分譲してきたので、私の生活圏に、結構お客様がいらっしゃるのだ。

私の故郷は、道で人に出会えば挨拶するような環境だった。
昨今、隣に住んでいる人の顔も分からない少し寂しい世の中になった。
しかし、この仕事を通じて、かつてのように日々の暮らしの中で「人」を感じることができている。
この環境をありがたいと感じる。

だからこそ、誠心誠意「家づくり」に携わりたいと思っている。
「家づくり」は、最初の窓口になる営業、夢を図面として描く設計、それを実際にカタチにしていく工事と、
複数の部署が、ひとつのプロジェクトチームをつくって行われる。

お客様は、営業、設計、工事のどこかひとつでも違和感を持ってしまうと、
すべてについて不安を感じてしまうものだ。

そこで、私はいつも「砦」になろうと心がけている。
お客様の表情や目線、一言を逃さないこと。
口に出さないが、不安に思っていることをこちらから察知して担当に伝えること。
私は設計だが、そこに部署の垣根はない。
何よりもお客様によろこんでほしいから。

「家づくり」を通して出会うことができた人たち。
これからも、頼りになる「ご近所さん」であり続けたい。

人生を紡ぐ住まいを、
ともに。