たとえ口下手でも、
そこにお客様がいる限り
営業部 末吉 孝行

少し前に、当時担当していた分譲地の近くで10年以上前のお客様と遭遇した。
聞くところによると、どうやら家の建具に不具合があるらしい。
その場に居合わせた大工さんと足を運び、すぐに修理に取りかかる。
日頃から抱えていた不便がすっとなくなり、お客様も喜んでいる様子だった。
「ありがとうございます」。
何気ない一言が、やっぱりうれしい。

お客様との想い出と言われれば、数えきれないほどある。
何気ない会話から、今でも心に残る出来事まで。

はじめは苦手だと思っていた営業の仕事。
若い頃なんかは、とにかくがむしゃらだった。
行き詰まれば、時間も場所もなりふりも構わず、
上司をつかまえて相談をした。

そうやって目の前のお客様に一心に向き合い続け、
気づけばもうすぐ30年。
向いてない、辞めたいと思ったことは数知れずあるが、
ここでしかネクタイを締めたことはない。

不器用ながらに目の前のお客様のことを考え、
ときにはお客様に助けられ、そこに紡がれてきたのは、
単なる営業マンとお客様としてではなく、人と人としてのつながりだ。

だからこそ、担当したお客様が困っていると聞けば、自然と身体が動く。

自分ひとりではどうにもできないことでも、
解決の糸口は案外すぐ見つかることもあるし、
私はそんな糸口をすっと差し出せる存在でいたい。

今となってはこの仕事も、自分の人生を語るに欠かせないものとなっている。
こうして自分がここまでやってこれたのは、お客様に恵まれてきたから。
だからこそ、一つひとつのつながりをしっかりとこの手に、
これからも前に進み続けていきたいと思う。

人生を紡ぐ住まいを、
ともに。